訪問看護の看護師は年収が比較的高いです。日勤のみの看護師の仕事の中では、
最も年収が高いと言えるかもしれません。しかし、訪問看護で年収をアップするには
コツがあります。それをお伝えしたいと思います。

訪問看護の看護師 年収はどれくらいが相場?

訪問看護の看護師の年収は、大体年収400万円台が相場です。
しかし、訪問看護ステーションによって大きく年収が変わってきます。

まず、訪問看護にはいろいろな母体があり、
大規模な病院を運営している医療法人から、一般企業まであります。
一般的には安定するのは医療法人、
高年収になる可能性を秘めているのが株式会社、というロジックになっています。

近年訪問看護の需要が高まっているため、株式会社の参入が増えていますが、
やはりなかなか利益を出すことは難しく、経営が苦しいケースもあります。
そういったところでは、看護師の年収も低くなってしまいますので、
株式会社はリスクも高いと言えるでしょう。

もちろん、医療法人でも経営が厳しいケースもありますが、
株式会社と比べると、利益の追求が少ないという点があります。
よって、利益が出ていなくても賞与のカットがなかったりしますので、
安定という面では断然医療法人だと言えますね。

まずは、訪問看護で年収450万をしっかりとクリアしましょう。

訪問看護の看護師 年収に影響する手当

訪問看護の看護師の年収には非常に大切な手当があります。
この手当があるかどうかで、高年収になることが出来るかどうかが
決まるといっても過言ではありません。それは、訪問手当です。

訪問1件につきいくら、という訪問手当がつく訪問看護ステーションと
つかない訪問看護ステーションでは、年収が大きく異なってきます。

1日の手当額でいうと数千円ですが、1ヶ月で5万円以上になることもあります。
年収で考えると50万以上の違いが生じてきますね。

もちろん、基本給などのベースが低いと意味がありませんが、
訪問手当があるかどうかという点も、転職する際に注意するようにしましょう。

訪問看護の看護師が年収を交替勤務並にするためには

訪問看護の看護師が年収を交代勤務並にするためには、
上記で説明した訪問手当がつくところで、
尚且つ待機手当がしっかりとつくところで勤務することです。


訪問看護では、看護師の夜勤は基本的にありませんが、
電話対応を行うケースがあります。
その携帯電話を持つときにかかる手当を待機手当と言います。
金額は夜勤手当の金額よりも大分安くなりますが、
それでも月数万円になりますので、結構大きい金額と言えますね。

そして、訪問看護のスペシャリストを目指すのであれば、
やはり管理者になることが最も高年収に繋がります。
管理者の年収は大体600万程度ですので、病院で交替勤務をするよりも断然高くなります。

訪問看護での転職を考えている看護師は当ランキングサイトを活用して、
どういった訪問看護ステーションがあるのかをチェックしましょう。

いろいろな条件がありますので、
そのメリット・デメリットを把握した上で選択すると良いですね。
転職コンサルタントがそういったことを詳しく教えてくれますので、
安心して転職活動が行えますよ。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ