眼科の看護師の年収はどれくらいオペを行っているかで、全く異なってきます。
もちろん、オペの内容も影響してきますので、
眼科の看護師の年収がどのように変わっていくかを説明します。

眼科は看護師の年収比較が難しい?

眼科の看護師は病院であれば手術のみで関わるケースが多く、
クリニックであれば診察介助や検査補助の業務があったりします。
手術室では男性看護師の勤務も多いのですが、
眼科のクリニックでは男性看護師の勤務はまだまだ少ないです。

眼科の看護師の年収は、手術件数次第という面があります。手術をどんどん
行っているところでは、看護師の仕事はオペ介助がメインとなり、その分年収も高くなります。


そしてこのオペ介助が実際の眼科看護師のメイン業務であるため、
オペが少ない眼科クリニック、もしくはオペ日が週1日などの眼科クリニックでは、
看護師の採用形態がパートになっているところも多いですね。

よって、看護師の年収はその勤務先のオペがどのようになっているかで、大体分かってきます。
いろいろなケースがありますので、年収の相場はなかなか出てきませんが。

眼科の看護師が年収アップを求めることができる職場

眼科のオペが多い職場が年収アップできる職場となるのですが、
最も年収が高くなるのが、レーシックを専門とした眼科クリニックです。


自由診療の部分になりますが、1件辺りの手術の料金が高額になるため、
腕の良い先生がいるレーシック専門機関では、看護師の給料も高いようです。

この場合、オペ介助はもちろんですが、患者様のオペ前オペ後の悩み相談を受けたりもします。
説明などを行うケースも多いため、いろいろなことを勉強していく必要があります。

眼科の看護師は年収だけを見てはいけない?

眼科の看護師の給与面だけで見れば、レーシックの眼科が1番ですが、
世間を賑わしている通りレーシックには危険性もあります。

また、これは美容クリニックにも言えることですが、
自由診療の医療機関は患者様次第で大きく変わってきます。
保険診療のクリニックはある程度患者様が定着すれば大丈夫ですが、
自由診療は高額な医療になるため、なかなかそうもいきません。


看護師の仕事面においても、
医療機関独自のやり方に沿って看護業務を行う形になり、大きく異なってきます。

こういったリスクがあることを認識した上で、
リスクと年収とやりがいを天秤にかけて選択することが大切ですね。

当サイトランキングの転職サービスを活用すれば、眼科のクリニックの中で、
あなたの希望に沿った求人を見つけることが出来るのではないかと思います。
眼科では情報の量が重要になってきますね。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ