看護師 3年目の年収は勤務先の状況や能力によって大きく異なってきます。
看護師の年収は変動給のウエートが大きいため、勤務先の人材事情や
仕事上でのポジションによって変動給の額に差が出てくるためです。

看護師 3年目の年収は勤務先の状況次第?

看護師の3年目の年収は勤務先の状況によって変わってきます。
例えば、夜勤ができる看護師が不足している、経験3~6年くらいの経験的にも体力的にも
申し分ない看護師が不足している、などの勤務先の状況があると3年目の看護師の年収が
上がりやすくなります。


これは、夜勤の回数が多くなったり残業が多くなったりするためです。
看護師2年目未満だと経験が乏しいですし、看護師10年目になってくると、結婚している看護師も
多く、家庭との両立で夜勤が難しくなったり残業に不満を持ちやすくなるためです。

しかし、看護師3年目であれば
誰でも年収が上がるような勤務形態になるかというとそうではありません。
ではどういった経験3年目の看護師が年収アップするのでしょうか?

看護師 3年目の年収が高い人は信頼されている証?

勤務先である病院での勤務シフト表は配属部署の師長が作成しています。
看護師からの希望休や急なシフトチェンジ、明らかに夜勤ができる看護師が足りないなど、 この勤務シフト表の作成は、師長にとって非常に大変な仕事です。

また、無理を言って夜勤に入ってもらうなど、
勤務シフト表を作成する中での調整を行っていく必要がありますが、
この作業には神経を使います。

例えば夜勤に入りたくない人に無理やりお願いする、
仕事があまりできない人に夜勤をお願いする、などを行ってしまうと、
お願いされた看護師が不満を感じ、退職してしまうことがあるためです。

配属部署での退職者が多いと、これも師長の管理責任にもなってきますので、
勤務シフト表を埋めることとのバランスが難しいのです。
こういった時に看護師3年目で、夜勤や残業も苦にしない、
仕事もテキパキとこなせる看護師がいると重宝します。
そして、その看護師を信頼し、夜勤なども可能な限り入れていきます。
信頼というのは仕事に対するものもありますが、
少々無理をお願いしても「辞めない」という信頼が最も大きいですね。


このような信頼を勝ち得ると看護師3年目の年収はアップしますが、
ついつい無理をしてしまうこともあります。そのバランスのとり方を説明します。

看護師の3年目は年収とその他の条件のバランスが大切

看護師の場合、大幅な年収アップというのは、ベースとなる固定給のアップではなく、
変動給と呼ばれる夜勤手当や残業代のアップが大きなウエートを占めます。

よって、年収アップはうれしくても、心身に大きな負担をかけてしまい、
体調を崩してしまうこともあります。

そうならないために、年に1回は長期休暇を取得し、
旅行などリフレッシュする時間を作りましょう。
日頃シフトの無理もきいているとなれば、長期休暇の取得もしやすくなります。
看護師不足は慢性化していますが、病院内でも比較的ゆとりがある時期もありますので、
そういった時に長期休暇を取得すると良いですね。

当サイトランキングの転職サービスの中には、仕事は忙しく高年収だが長期休暇が
取得しやすい病院の情報もあります。オンとオフの切り替えが上手な人が
充実した生活を送ることができますよ。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ