看護師は産後の再就職で年収がどうなっていくのか気になりますよね。
実際には年収が下がるケースが多いですが、これは致し方ない面もあります。
産後の再就職時に気をつけることを年収と絡めて説明します。

看護師 産後の再就職は年収面を一旦封印する方が良い?

看護師の産後の再就職は年収面を優先すると
あまり良い結果にならないことが多いです。

というのも看護師の年収というのは、
残業や夜勤手当などによって増減幅が大きくなっているためです。
つまり、残業が多い職場、夜勤に入る回数が多い職場などが
年収が高くなる傾向があります。

そういったところで産後の再就職を行ってしまうと、
育児との両立が難しくなってしまい、
最悪の場合早期退職や体調不良による休職などになってしまいます。

まずは、年収面のことは一旦置いておき、
無理のない範囲での再就職をお勧めします。


場合によってはパートからのスタートでも良いと思います。
もちろん、収入面でどれだけ必要なのかにもよりますが、
徐々に環境に適応していくことが、
結果的にブランクを作らないことに繋がります。

看護師は産後の再就職で年収が下がるのではない?

看護師は産後の再就職で年収が下がるのではありません。
勤務の制限がある中で年収が下がるのです。
勤務の制限というのは、夜勤であったり残業であったり、土日祝の勤務であったりします。

こういった部分を無理して勤務してしまうと、
家庭との両立ができなくなり、早期退職に繋がることがあります。
まずは勤務できる状況に徐々に慣らしていくことが大切です。

そして、勤務の制限はいずれなくすことができます。
その時には自然と年収が上がります。
看護師は女性が多い職場ですので、ママさんナースの事情は理解はされています。
その中で状況に合わせた無理のない働き方が、
結果的に周囲に迷惑をかけることも少なく、
信頼されることにも繋がっていきます。

看護師 産後の再就職で年収アップを目指すには

看護師が産後の再就職で年収アップを目指すのであれば、
まずは託児所がある病院で勤務することが大切です。

やはり、一般の保育園となると、どうしても制限が出てきてしまいます。
例えば残業時間も制限が出てしまいますし、
子供が体調を崩した場合にも、早退する必要があります。
夜勤も夜間預かってくれる保育園でなければできません。

病院の託児所であれば、仮に制限があったとしても、
病院が本当の意味で理解できますので、
問題となることが少なく仕事がしやすくなります。


さらに、24時間保育なども増えていますので、
夜勤も問題なくできる環境があります。

産後の再就職先を探す際には当ランキングサイトを活用すると便利です。
産後の再就職先探しの場合、どうしてもいろいろな条件が出てきます。
これは致し方ないことです。そういった条件の調整を
自分で行うのはなかなか大変なので、転職コンサルタントを
上手く活用することが重要なのです。
きっと状況に一致した病院などの求人を探してくれるでしょう。

あとは、実際に面接に行った時に、産後の再就職先として
理解がある病院かどうかを雰囲気で察することも大切ですね。
看護部長の話、病院見学でなんとなく分かります。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ