看護師の年収で700万の求人は見たことがないでしょう。
一般的に公開されている求人ではまずない金額です。しかし、目指せる看護師もいます。
ではどういった看護師が目指せるのでしょうか?

看護師の年収 700万を目指すのはどんな人?

看護師の年収で700万を目指す人は、あまり多くありません。
そもそも普通に目指せる額ではないためです。
しかし、年収700万が絶対無理かというとそういうわけではありません。
では年収700万を目指す方はどういった人なのでしょうか?

それは、現場ではなく教育や研究などに携わる看護師です。
つまり、現場で患者様と接するのではなく、看護学校の教員や医療現場の問題点
解決や新しいシステムの開発などに携わっている研究職の人ということになります。


こういった人は、給与としての年収ももちろん高いのですが、
地位を築き上げると講演などの副業的なお仕事も入ってきます。
また、病院などでの人事コンサルタントのような仕事が入ってくることもあります。
自分自身のスキル、経験を商品として、求める病院などに提供するということです。
つまり、個人事業主に近い感覚です。

こういった人は、年収に上限がありません。
年収700万を目指せるどころか、もっと上を目指すことが可能です。
看護師不足や離職率の高さ、病院の収益構造の問題など、
医療現場ではいろいろな問題があります。
それを解決できる人、その可能性があるスキルを持っている人が
看護師の枠を外れて高年収を得ることができる可能性がある人なのです。

看護師の年収 700万は看護師としての評価ではない?

看護師の年収として700万はほとんどありません。
上記でも述べたように、看護師として現場で働く評価で年収700万ではなく、病院などの
問題解決ができるという付加価値があって、初めて年収700万以上が可能になるのです。


これは一般企業の構造となんら変わりはありません。
決められた業務を行う人ではなく、その業務を決める人、もしくは業務の問題点を
改善する人が上限なく年収が上がっていきます。
看護師という特殊な専門分野であったとしても、その構図は変わりません。

看護師の年収 700万を達成したその先には?

看護師の年収で700万を達成できた人は、その先にはもっと大きな年収があります。
実績を積むと、いろいろな病院などから声がかかったり、講演の依頼、場合によっては
本の出版など収益構造の幅が限りなく広がっていきます。


自分自身がもっと高年収を目指すかどうかに関わらず、
どんどん勝手に仕事が舞い込んでくるようになります。

こういった働き方は望んでできるものではありませんが、まずは教員などを目指し、
現在の看護学生の問題点や病院の問題点などを知ることが大切です。
その後でそこから大きな収益につなげていけるかどうかは、自分次第です。

当サイトランキングの転職サービスを活用すれば、教員の求人を探すこともできます。
また、様々な仕事の話を聞くことで、自分自身の将来像が明確になるかもしれません。
病院の問題、看護師の問題は数多くありますので、そこにビジネスチャンスは限りなく多くあるのです。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ