看護師の年収で600万というと、なかなかないように思いますよね。
実際に求人で年収600万以上のものを見たことはほとんどないと思います。
年収600万を目指すことは可能なのでしょうか?

看護師の年収 600万以上になるケース

看護師の年収が600万以上になるケースは、あまり多くありません。
というのも、看護師の年収で高年収と呼ばれる1つのラインが500万となっており、
600万というのは特定のスキルを持っている看護師などになります。

ではどういったケースで年収600万以上になるのでしょうか?

まずは看護部長クラスです。病院によって看護部長の金額は大きく異なりますし、
看護部長としての実績や経験によっても異なりますが、
年収600万以上での相談となることが多いです。
つまり、もっと高年収になる可能性もあるということです。

次に専門看護師が該当する可能性があります。
専門的なスキルとして認定看護師と専門看護師がありますが、専門看護師は大学院に
行く必要があり、かなりハードルが高くなっています。その分、病院で勤務する際には、
専門分野に特化した業務を行うことができ、待遇でも看護部長と変わらない病院もあります。

最後に、公的な病院で勤続20年以上というケースがあります。
地域にもよりますが、例えば大阪市の市民病院では、勤続20年で夜勤も行った場合に
年収600万以上になっていることがあります。

その代わり、大阪市内の市民病院への転勤などもあり、
どの病院で働きたいという選択ができないというデメリットもありますが、
年収面では民間病院が太刀打ちできないような額になっいるのです。

看護師の年収 600万以上には付加価値が必要?

看護師の年収で600万以上を目指すためには、付加価値が必要です。
上記で説明したような、看護部長や専門看護師など
一般職の看護師とは異なるキャリアが必要です。

付加価値がつきやすい専門分野としては、透析などがあります。
透析は年収600万以上になるとは言い切れませんが、比較的年収が高くなりやすい分野です。
看護師として透析に必要な技術を身につけ、10年くらい経験すると、
年収で600万以上になる可能性があると言えます。

これは、専門的スキルが貴重であるという点と、透析が利益が出るという点があるためです。
貴重なスキルと利益が出る分野、この2つが高年収を目指すためのポイントと言えるでしょう。

看護師の年収 600万を目指すためには

ここまで説明してきたように、看護師の年収で600万以上を目指すためには、
専門スキルと利益が出やすい分野であることが条件となります。
つまり、がむしゃらに経験を積んでいけば良いということではなく、
高年収が狙える分野にターゲットを絞って経験を積んでいくことが必要です。

経験10年積もうと思えば、当然ながら10年かかります。
如何に早い段階で自分自身の専門分野や将来像を決め、それを目指すための
スキルを身につけていくかで、年収600万以上目指せるかどうかが決まってきます。


当サイトランキングの転職サービスを活用すれば、年収600万以上を目指せる分野の情報や、
利益が出ている病院の情報などを得ることができる可能性がありますよ。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ