看護師の年収は50代ではどうなっているのでしょうか?
病院によっては経験加算が50歳までなどもあるようです。
また、高年収も大切ですが、年収以外にも金銭面で大切なことがあります。

看護師の年収 50代相場はどれくらいなのか?

看護師の年収の50代相場ははたしてどれくらいなのでしょうか?
看護師は経験加算があり、年々基本給は上がっていきますが、
ずっと上がり続けることばかりではありません。
昇給が特定の年齢でストップする病院もありますし、夜勤などができなくなった場合に、
夜勤手当分だけ年収が下がってしまうことがあります。

こういったことを考えると、50代の年収相場は500万あるかどうか、といった感じです。
30代かもしくは20代後半くらいの年収相場になるのではないでしょうか。
また、転職を50代で行うと、年収が下がる傾向にあります。
50代の看護師が年収について考えておかないといけないことを説明したいと思います。

看護師の年収 50代が考えるべきことは?

看護師の年収に関して、50代で考えるべきことはいろいろとあります。
まずは、転職は40代までに行うことです。
50代になって転職することは多くのリスクがあるのです。

まず、50代では経験加算がつかなかったり、給与のベースが低くなることがあります。
これは、病院側も積極的に採用したいわけではなく、
これでも良かったらどうぞ、という姿勢になるためです。

また、退職金が大幅に少なくなる、もしくは出なくなることがあります。
少なくとも50代の後半に転職となると、ほとんど退職金は出ないものと考えなければいけません。

つまり、転職は40代までに行い、50代は同じ職場で勤務することがベストなのです。
しかし、50代でどうしても転職しなければいけない状況になることもありますよね。
次では50代で転職しなければいけなくなった場合の高年収に繋がる選択肢を
説明したいと思います。

看護師の年収 50代でもアップできる職場

看護師の年収は50代ではなかなかアップしにくいと伝えてきましたが、
年収アップする可能性がある職場もあります。
大前提としては今まで経験したことがある、ということになりますので、
皆さんに当てはまるわけではありませんが。

まずは、訪問看護です。訪問看護は利用者やご家族とのコミュニケーションが大切ですので、
多くの経験を積んだベテラン看護師は重宝されます。訪問看護や在宅医療に携わった経験は
必要ですが、その経験があれば、高年収で採用してもらえる可能性があります。

次に業種ではありませんが、病院や施設の管理職、という選択肢があります。
管理職も経験がないと難しいのですが、経験があれば年収アップに繋がる可能性があります。
年齢よりもどういった実績があるかが重要なのが管理職です。

このように、特殊な業種、もしくは職種であれば50代の転職でも高年収が期待できます。
しかし、求人として一般公開されていないものが多く、
年収も交渉する必要があるケースが多いです。


当サイトランキングの転職サービスを活用すれば、
非公開求人を探すことができたり、年収の交渉を行ってもらうことができますよ。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ