看護師の年収は5年目以降、大幅にアップしていくためには、
それなりのシナリオを描いていく必要があります。
つまり、10年先を見据えて現在のキャリアを考えていくことが重要なのです。

看護師の年収 5年目以降はそれ程大きく変動しない?

看護師の年収は5年目以降、それ程大きく変化していきません。
もちろん、管理職になったり年収の高い病院に転職するなどをすれば大きく変化しますが、
一般職でずっと勤務していても、なかなか年収アップにならないのです。

理由としては、看護師の昇給が少ないことと、
夜勤手当などの変動給のウエートが高いことが挙げられます。
変動給のウエートが高いと、夜勤が多かった年とそうでなかった年とで
年収の増減が出てしまうため、例えば5年目よりも3年目の方が年収が良いということもありえます。

こういったことが、看護師の年収に対する不満にも繋がっており、
5年目での転職の原因にもなっています。
夜勤回数は病院内での夜勤を希望する看護師の数などによって左右される部分も多いため、
自分ではどうしようもないことだからです。
もっと稼ぎたいのに、後輩で夜勤に入りたい人が多く、
夜勤回数が減ってしまったということも普通にあります。

では、5年目の看護師が年収をアップしていくためには、どうすることが必要なのでしょうか?
それは5年目の年収だけを見ないことです。
この先10年を考えたキャリアを積む、それが5年目の看護師にとって重要なことです。

看護師の年収 5年目がターニングポイント!

看護師は一生看護師です。
看護師資格は更新制になっていないため、極端な話で言うと、死ぬまで看護師です。
よって、体が動くうちはずっと仕事ができるのですが、とはいっても
病院側が最も欲しい年齢、経験というものがあります。
それを提供できる時が、看護師にとって売れ時、つまり高年収が期待できるときなのです。

年齢で言うと、やはり20代後半が最も好まれる年代です。
つまり経験5年目もその範囲に入っているケースが多いと思います。
この年代はパワーがあり経験もそこそこあり、即戦力として期待できます。
そして、まだまだ自分の色が決まっていない人が多いため、病院としては扱いやすさがあります。

では、30代以降になると高年収は期待できないのか?
それは5年目に将来を見据えたキャリア形成を行うかどうかで変わってきます。
つまり、30代以降は、病院が欲しているキャリアを提供できるかどうかがポイントになるのです。
その選択を行うのが看護師5年目。看護師5年目がターニングポイントというのは、
こういった理由からです。

看護師の年収 5年目以降を思い通りにするために

看護師としての5年目以降の年収を自分の思い通りにするためには、
10年後にどういったキャリアを歩んでいたいかを定めることです。

そして、そのために今何をすればいいのか、
3年後にはどうなっていれば良いかなどを逆算します。

看護師の職場、職種は数は少ないですが、診療科目などで分けて考えると、
数多くの選択肢があります。
また、管理職を目指すのか現場でのスペシャリストを目指すのかでも大きく変わってきます。
10年後が定まっていれば、研修などにも意欲的に参加することができます。

自分の将来像が定まってきたら、
当サイトランキングの転職サービスで自分に適した勤務先を探すのも良いですね。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ