看護師の年収は都道府県別に特徴があるのでしょうか?
よく一般企業などでは、物価と合わせて給与額が異なってきますが、
看護師は若干異なる部分があります。

看護師の年収 都道府県別での違いは病院の数が影響?

看護師の年収は都道府県別での違いはあります。
しかし、一般企業などでの物価の違いというものではなく、
もっと収益などの経営そのものに影響する理由が多いです。


例えば、都心部では物価は高いですが、その割りに看護師の年収が高くないエリアがあります。
これは、そのエリアに病院が多く、また看護師からの人気が高いエリアというケースが多いです。
つまり、病院数が多いため、患者様の確保が困難であり収益が出にくい、
そして看護師採用に関しては、人気エリアのためそれ程年収を高く設定しなくても集まる、
こういった理由があるのです。

逆に田舎であっても病院数が少ない場合は、
看護師の年収が高めに設定されていることがあります。
これは、病院数が少ないため収益は出しやすい、しかし看護師を集めるのが大変なため、
県外からでも就職を希望してくれるような高年収を設定する必要があるためです。

収益がないのに看護師に高年収は出せませんが、
看護師を集めやすい地域なのかどうかも大きく影響します。
看護師がいないと病院の運営事態ができませんので、当然といえば当然のことですよね。

看護師の年収 都道府県別での違いは看護師不足が影響?

都道府県別で看護師の年収を見たときに、
看護師不足が顕著な都道府県ではやはり年収が高くなる傾向があります。

特に離島などでは高い年収を設定しているケースも多いですし、
また期間限定で高収入といったパッケージを人材紹介会社と提携して行っている病院もあります。

しかし、最近では病院の倒産も増えてきており、
看護師不足=高年収とはならなくなる可能性も高いです。
病院によっては賞与の大幅カットが行われているところもありますので、
高年収を希望する場合には、看護師不足状況だけでなく、
病院の経営状況もしっかりと把握する必要があります。

看護師の年収 都道府県別で見てもあまり意味がない?

看護師の年収は都道府県別で見ると、
確かに違いがあるとは思いますが、あまり意味があることではありません。
というのが、看護師の就職に一定の法則があるためです。

まず、都心部の大規模な病院で働き、その後自分が好きな分野で働く。
この時に期間限定で観光地や離島などで勤務する看護師も多いです。
そして、30歳前後で地元に帰って就職するのです。

つまり、年収の高い都道府県を把握していてもあまり意味がないのです。
都心部と離島、地元の年収の相場を把握しておけば、それで十分ということですね。
近隣の都道府県の年収を把握してしまうと、
地元の年収が安く見えて不満が溜まってしまうこともありますので、
あまり気にしないことが大切です。

当サイトランキングの転職サービスを活用すれば、
都心部や離島などの年収を把握することができます。
また、お得なパッケージなどを提供してくれる転職サービス会社もありますので、
いろいろな希望を伝えると良いですね。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ