看護師の年収は女性にとって魅力的なものです。
男女平等な世の中になってきていますが、それでも男女間での年収の格差がないとは
言えません。その中で、看護師という仕事は全く関係ないですよね。

看護師の年収は女性が自立できるもの

看護師の年収は、女性が自立して生活するのに全く問題ないものに成っています。
年収で400万以上確保することは難しいことではありませんし、
女性が多い職場ということで、子育てをしながら働くことができる環境も整っています。
看護師にシングルマザーが多いのも、こういった環境が影響しているとも言えます。

また、多くの職場で男性が管理職であるのに対して、
看護師は女性でも管理職になることが難しくありません。
もちろん、看護師としてのキャリアを積み、管理職としてのスキルを
身につける必要はありますが、女性ということが問題になることは全くないのです。

女性が自立するためには、看護師の環境は非常に望ましいものではありますが、
女性中心の職場ということで発生する問題もあります。
年収に関しても不満が多いのは、女性的な考え方で見てしまうからとも言えます。
女性中心の職場における年収の問題について、説明したいと思います。

看護師の年収 女性中心の職場において

看護師の年収を病院が提示する際には、総支給額で提示します。
これは当然のことですが、看護師は手取り額で計算する傾向があります。
確かに実際にもらえる金額は手取り額ですので、その金額が気になるのは
仕方ないですが、手取り額は福利厚生がしっかりしている病院ほど低くなる傾向があります。


手取り額というのは、
社会保険や厚生年金などと福利厚生にかかる費用が引かれて支給される金額です。
例えば扶助会などがあると、その会費が引かれたり、基金があると
その積み立て費用が引かれたりします。これは後で還元があるものですが、
そういった部分に対する認識が少ない看護師が多いのです。

これは女性の現実的な傾向にある考え方が影響しているものです。
女性中心の職場となると、皆が同じように考えてしまうため、引かれる費用が多いと、
年収が少ない病院と評判になってしまうことがあります。
この辺りは病院などの人事担当者の説明能力も大切になってきますね。

看護師の年収は女性にとって魅力的なのか?

看護師の年収は女性にとって魅力的なものなのでしょうか?
金額的には魅力を感じ、看護師を目指す方も多いですし、親に勧められたという方も多いです。
つまり、看護師の資格があれば、とりあえず一生独身でも困らないという発想があるのです。

しかし、看護師の仕事は甘いものではありません。
夜勤があったり残業が多かったり、休日が少なかったりします。
そんな中で看護師の仕事を行うことで体調を崩してしまったり、
家庭が上手くいかなくなって離婚される方も多いです。

もちろん、看護師という仕事に魅力を感じて目指すことは素晴らしいことですが、
年収に魅力を感じたのであれば、その年収と引き換えに
リスクも背負っていることも知っておいた方がいいですね。


もし、今の仕事に無理を感じているところがあれば、
当サイトランキングの転職サービスを活用すれば、女性らしく
プライベートや家庭と両立しながら仕事ができる求人を探すことができますよ。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ