看護師の年収で夜勤が占める割合は、想像以上に大きいものがあります。
つまり、夜勤をするかしないかで年収が大きく異なるのです。
年収の中での夜勤について説明したいと思います。

看護師の年収 夜勤手当はどれくらいの割合を占めるのか?

看護師の年収の中で、夜勤手当はどれくらいを占めるのでしょうか?
正社員の看護師の夜勤手当は1回15,000円程度ですので、
それを月4回で60,000円、12ヶ月で720,000円となります。
つまり年収の6分の1以上を夜勤手当で賄っていることになります。

看護師の年収は夜勤がないと400万あるかどうかということになりますので、
夜勤手当があって初めて高年収と言うことができます。
つまり、看護師は夜勤をしてなんぼの仕事なのです。

また、看護師には夜勤の2通りあります。2交代と3交代です。
現在では2交代が主流になっていて、上記の計算も2交代の夜勤で行っていますが、
特定のエリアや職場では3交代も存在しています。夜勤手当の金額で言うと、
3交代の方が若干高くなる傾向がありますが、深夜に勤務の交代があり、
シフトの組み合わせが多くなり休日が少なく感じることがありますので、
人気がない働き方になっています。
3交代が少なくなっている理由の1つにも挙げられています。

看護師の年収 夜勤手当の相場はどれくらい?

看護師の年収の中の6分の1以上を夜勤手当が占めていると伝えましたが、
1回の夜勤手当の相場はどのようになっているのでしょうか?
先程の計算では1回15,000円としましたが、実際には10,000~20,000円の間となっており、
病院によって異なります。最も多いのは1回13,000円くらいだと思います。
3交代の場合は準夜が6,000円、深夜が7,000円くらいが多いですね。

この夜勤手当というのは、深夜加算分の手当だという認識をしておけば良いと思います。
本来残業代という意味合いもあるかもしれませんが、
3交代の場合は1回の勤務時間が8時間となり、残業扱いになりません。
それでも2交代と同じ金額になりますので、深夜加算だと考えるのが普通ですね。

看護師の年収 夜勤をすれば高年収と言うけれど…

看護師の年収アップの最も近道が夜勤を行う、
もしくは夜勤回数を増やすことと言われています。
しかし、夜勤はすると生活リズムは崩れますし、
既婚者や主婦は家庭の理解がないとなかなか夜勤を行うことができません。
こういった事情を考えると、夜勤をすることが難しいケースも多いのです。

夜勤をすることによってかかる体への負担や家庭への負担を考えると、
必ずしも夜勤が良いというわけではありません。

自分自身の状況に合わせて、
夜勤の回数なども調整してもらえるような環境で勤務することがベストですね。

当サイトランキングの転職サービスを活用すれば、夜勤手当の金額が高い病院や、
夜勤の回数を調整してくれる病院を探すことができます。
夜勤の調整は紙面上では可能と書いていても、
実際に勤務してみないと分からない部分があります。
そういったことを転職サービスが教えてくれますので、間違いのない転職ができますよ。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ