看護師の年収で外来はなかなか高年収にならないケースが多いです。
夜勤の有無ももちろん関係しますが、その他にも理由があります。

看護師の年収 外来の人件費は安く抑えたい?

看護師の年収は部署によって異なります。
基本的には夜勤の回数や残業の多さなどで異なってきますが、それだけではありません。
病棟やICU、救急外来、オペ室などは年収が高い傾向にあり、
外来や検査室などは年収が低い傾向にあります。


この違いがなぜ発生するかというと、病院の収益構造と関係があります。
例えば、病棟であれば看護師の配置基準によって診療報酬が異なります。
つまり、看護師が業務をこなすことで病院に貢献しているだけではなく、
出勤しているだけで病院の収益に貢献していることになります。

また、看護師の業務の専門性も年収に影響を与えます。
救急外来やオペ室は経験がものを言う分野です。
中途採用では経験者が経験者が優遇される傾向にあります。
専門性が高い分野では、その分野での経験がある看護師を採用したい、
そしてその経験を評価するということで、年収が高くなるのです。

外来は、もちろん必要な部署ですが、看護師としての基本的な業務、
採血・点滴・注射と医師の診察介助がメインとなり、専門性が少なくなります。

また、看護師の配置人数が多くても診療報酬は上がりません。
こういったことで、外来に関してはいかに人件費を抑えるか、という方向に話がいきがちです。

では、外来の看護師の年収相場を見てみましょう。

看護師の年収 外来の年収相場

外来看護師の年収相場は、夜勤がない職場として300万の前半くらいです。
月収が20万前半でそこに賞与が加わるという計算になります。
同じ外来業務であればクリニックの方が、若干年収が上がる傾向があります。
但し、福利厚生面などを考えると、病院の方が安定しているという面がありますので、
どちらが良いとは一概に言えませんが。

看護師は高年収というイメージがあるかもしれませんが、
外来の看護師ではあまり高年収とは言えません。
地方の外来看護師になると、年収200万台になることもあります。
病院の収益構造と専門性を考えると仕方ないのかもしれません。

しかし、例えばシングルマザーで外来を希望される看護師もいます。
そういった方は生活していくための年収が必要です。
外来で年収アップする方法はないのでしょうか?

看護師の年収 外来で年収アップを勝ち取るためには

看護師が外来勤務で年収アップするためには、
やはり外来で必要とされる専門スキルを身につけておくことが重要です。

例えば内視鏡検査の経験や透析の経験、
オペ室の経験なども場合によっては高年収に繋がります。

外来は病院の規模や内容によって、外来以外の仕事と兼務するケースがあります。
それが内視鏡であったり透析であったりするのです。
そういった経験もあれば、病院からすると外来部門と検査部門などを兼務してもらえますので、
非常に使い勝手が良いということになります。
病院から必要とされる人材になりやすいということですね。

当サイトランキングの転職サービスを活用すれば、
様々な経験を活かせる外来の求人を探すことができます。
年収交渉もしてもらえる可能性がありますよ。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ