看護師の働き方で年収は変わってきます。看護師不足が深刻な現状で、
看護師は正社員としてではなく非常勤としても求人が多いです。
また、介護施設や訪問看護など仕事も様々で働き方による年収を検証しました。

看護師の働き方 年収は賞与で決まる?

看護師は働き方で年収が変わってきます。
もちろん、他の職種でも言えることですが、
看護師は看護師不足が深刻化する中で、いろいろな働き方ができています。

種類で言うと、正社員、契約社員、
非常勤(パート・アルバイト)、派遣などがあります。
そして、看護師の給与で特徴的なのは、月給は正社員でも非常勤でも
同じ金額を稼ぐことが難しくないということです。

一般企業などであれば、正社員の月給を時給換算すると、
アルバイトより高くなるのが当然ですよね。
アルバイトの時給が1,000円であるならば、1日8時間で8,000円、
月22日勤務で176,000円の月給になります。もっと正社員は高いはずです。

しかし、看護師の場合は、例えば時給1,500円で1日8時間で12,000円、
月22日勤務すると264,000円です。この金額は正社員と比較してどうでしょうか?
多分ほとんど変わらない、と思われる方が多いと思います。
看護師の正社員の月給は時給×月の労働時間になっている、
と考えても過言ではありません。

つまり、看護師の年収に関して正社員のメリットの部分は
安定性と賞与、ということになります。

年収を見る時に、賞与を含めた形で、いろいろな働き方を比較すると、
どれが一番高いか分かりやすくなりますね。

看護師の働き方 年収に影響を与える手当

看護師の働き方で年収に影響を与える手当がいろいろとあります。
まずは種類を羅列すると、夜勤手当、危険手当(オペ室、透析室など)、
待機手当、呼び出し手当、訪問手当などがあります。

これらの手当には、仕事を行った分に対してもらえる手当と、
その分野に所属することで発生する手当があります。
しかし、仕事を行った分に対する手当についても一般企業の業績に応じた
手当とは意味合いが異なり、ほぼ間違いなく発生する手当です。
つまり、その業務を行うかどうか分からないというものではないのです。

よって、こういった手当の金額が高いところで勤務すると、
年収がぐんとアップする可能性が出てきます。

看護師の働き方 年収別で職場を簡単に紹介

看護師の働き方を年収別で簡単に紹介したいと思います。
まず、年収500万以上を目指すのであれば、病院、訪問看護が有力です。
夜勤手当や業務に対する手当などが重要です。

次に年収400万以上と考えるのであれば、介護施設が候補に挙がってきます。
介護施設の場合は、夜勤の有無、待機の仕組みによって年収が大きく異なります。

最後にクリニックや検診センターなどに関しては、年収を度外視する気持ちが大切です。
もちろん、クリニックで高年収の看護師もいますが、保証されるものがほとんどありません。
例えば院長に信頼され、気に入られる事で、年収が一気に100万円アップすることもあります。
逆に業績悪化で賞与が全てカットになり、年収が100万近く下がることもあります。

年収よりも仕事の内容等に魅力を感じる方が、希望されると良いでしょう。

看護師転職サイトに登録すると、看護師の様々な年収別の勤務先を
調べることができますので、是非有効に活用くださいね。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ