産婦人科の看護師は年収をアップするというよりは、年収が高いところで
働くという方が正しいかもしれません。それだけ、勤務先によって
年収が異なってきます。どういったところが年収が高いのか説明します。

産婦人科 看護師の年収に相場がない?

産婦人科の看護師の年収はつかみどころがないという表現になります。
というのが、まず産婦人科では助産師がメインとなって勤務をします。
よって看護師はできる業務が限られていることもあり、
産婦人科によってはあまり看護師を採用していないところもあるのです。

これは病院でもクリニックでも同じことが言えます。
看護師の採用を積極的に行っていないところでは、自然と看護師の年収は少なくなります。
こういったことから、産婦人科の病院やクリニックの院長の考え方で、
年収が大きく異なるため、年収相場が無いようなものという表現になるのです。

産婦人科の看護師が年収の高い職場で働くためには?

まずは、看護師を積極的に採用している産婦人科の病院やクリニックの求人を探すことが先決です。
求人サイトにはほとんどのケースで助産師と看護師の求人を掲載していますが、
看護師の求人に関しても詳細を記載しているところが好ましいですね。

看護師の求人が簡単になっているところは、
助産師の採用をメインに考えている傾向にあるためです。

また、他の医療も行っている病院の産婦人科病棟は、給与が安くなる傾向があります。
これは単純に一般病棟と比べると産婦人科病棟の方が楽であり、
また希望者が多いことが要因です。こういった情報も知っているとプラスだと思います。

また、最寄駅から遠い病院やクリニックの方が募集に対しての応募が少ないため、
給与が高くなりやすいです。
もちろん、通勤は不便になりますので、年収面を考えればお勧めということですが。

産婦人科の看護師が年収アップのためにすべきこと

産婦人科で勤務する看護師は夜勤もあるため、
月給の中の夜勤手当を増やすために夜勤を多めに入るという手段があります。
もちろん、夜勤人数は少ないですし、夜勤ができる看護師が多いと難しいですが、
面接時に状況を確認すればよいと思います。

また、やはり助産師の資格を取得することが、年収アップの最善の道です。
仕事内容も変わってきますし、より産婦人科で働く楽しさを実感できると思います。

当サイトランキングの転職サービスを活用すれば、
まずは看護師として年収アップできる職場を探すことがしやすくなると思います。

また、助産師の資格取得に向けてのバックアップ体制がある勤務先を見つけることも出来ます。
学校に行く必要がありますので、奨学金や非常勤での勤務なども重要なことです。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ