添乗員の看護師は年収というよりも単発の派遣などが多く、日給という方が
しっくりとくると思います。よって、添乗員の看護師として
仕事を行うにあたっては、扶養範囲内で仕事をしているという感じです。

添乗員の看護師 年収と仕事内容

添乗員の看護師は年収がいくらということよりも、
仕事内容で選択している看護師が多いです。
ツアーナースという言い方の方が一般的ですが、仕事内容を
簡単に説明すると、旅行に一緒について行って、
ツアー客の健康管理を行うといったものです。

この添乗員の看護師を応用したものが、
キャンプなどへ同行する看護師や、講演会などなどでの待機看護師などです。

こういった添乗員の看護師は、正直ほとんど仕事がありません。
しかし、気分が悪くなった方や怪我などがあった時には
迅速に対応できる必要があります。

つまり、基本的に暇ですが、何かあった時には
迅速に行動できることが求められています。
そして、応急処置がメインの業務となりますので、状況判断能力も問われます。
簡単な仕事のようで、実は高度な仕事であると言えます。

とはいえ、現状ではそこまで看護師の能力を重要視していることはありません。
添乗員の看護師を用意している、ということが利用者への安心感に繋がる、
それだけのために、というのが多いためです。
実際にはほとんど何もない、ということが
そういった認識に繋がっているのだと思います。

こう考えると、添乗員の看護師は割の良い仕事と言えます。
しかし、年収で言うとほとんどが扶養範囲内、
つまり103万円未満で勤務していることになります。

派遣会社からの依頼で、月に1~2回程度働いている方が多いためです。
ママさんナースや副業で働く方が多いですね。

添乗員の看護師 年収は今後上がる?

添乗員の看護師は年収が今後上がっていくのではないか、と思います。
理由は高齢社会の深刻化ですね。一昔前は、
添乗員の看護師自体がほとんどありませんでしたが、
最近になって仕事が増えてきています。

ということは高齢社会がまだまだ進みますので、
今後の需要はもっと多くなると考えられます。
そうなってくると、添乗員の看護師の正社員採用も
出てくるのではないかと予想されます。

多くのツアーで必要となれば、派遣で依頼するよりも
添乗員の看護師を正社員で採用した方が安いですからね。


派遣で添乗員の看護師を依頼すると、1日2万円前後となります。
これに行く場所によって違いが生じますが、3万円くらいになることもあります。
となると、毎日のように添乗員の看護師が必要になると、
派遣で月に60万程度を使うことになります。
このお金があれば正社員の看護師を2名は採用できます。

添乗員の看護師 年収よりも働き方

添乗員の看護師は年収よりも働き方として選択している方が多いです。
もちろん、正社員として添乗員の看護師として働けるのであれば
それに越したことはないと考えている方もいますが、
多くは既婚者の看護師が扶養範囲内で働いています。


添乗員の看護師は、宿泊を伴うケースもありますが、
ある程度自由がきく状態であれば、既婚者でも十分に可能な仕事です。
子供が小さいと難しいですが、ある程度大きくなって旦那さんの理解がある。
更に両親が近くにいれば何も問題はありません。

また、英語を活かす仕事として、若い看護師がアルバイトの
掛け持ちの1つとして選択しているケースもあります。
看護師の場合は、一般の仕事と比べると、断然時給が高いため、
パートの掛け持ちでも十分に生活していけます。

ある程度定期的なアルバイトの仕事と、添乗員の看護師を組み合わせることで、
安定した収入も得ながら、添乗員の看護師として仕事を行うことができるのです。

こういったお仕事を探すにあたって、当ランキングサイトを
利用するといろいろな手段を見つけることができるかもしれません。
正社員として勤務することはほとんどありませんので、仕事の仕方を考えることが大切です。
自分だけですとなかなか良い方法が出てこないこともありますので、
転職コンサルタントと一緒になって考えると良いでしょう。
きっと、最適な働き方を見つけることができます。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ