放射線科は看護師が年収アップのために使える科目です。
大幅な年収アップではありませんが、選択肢を増やすことができます。

放射線科の看護師は年収の幅が広い多くの分野で活躍できる?

放射線科は検査関係が多いですね。
看護師の職場としても病院の検査室や健診機関、クリニックなどが多くなります。
放射線科の経験をもとに勤務しやすい場所というのは、日勤帯のみで勤務できるところが多く、
将来的に日勤のみで勤務したい希望がある看護師などは、放射線科の経験をしておくと良いですね。

また、放射線技師などとの連携もでてきますので、知識を身につけておく必要はあります。
それを行っていくことで、看護師として専門スキルを身につけることに繋がり、
年収アップの可能性がでてくるのです。

一般的な診療科目の経験だけでは、病院の病棟か外来しか選択肢がなくなってしまいます。
健診機関なども考えている方は、出来れば20代で放射線科の経験をすることが望ましいですね。

放射線科は看護師が年収維持のために経験しておいた方が良い?

将来的に日勤のみで働こうと思うと、ネックになるのが給料です。
看護師は夜勤をしてなんぼ、という部分がありますので、夜勤がなくなってしまうと、
看護師の年収は60万程度は変わってきます。

となると、
日勤のみでも高い給与を提示してもらえるようなところを探すしかないのです。

そのためには、何か特殊な技能があった方が断然有利です。
その1つの方法として放射線科の知識を得て、スキルを磨いているということになります。
夜勤をせずに年収アップはなかなか難しいですが、年収維持であれば、可能性があります。

放射線科の看護師が年収をあげるためにすべきことは

放射線科の看護師が年収をアップするためには、
まずは検査関係に力を入れている病院を探すことです。

やはり検査がないとなかなか放射線科の知識が活用できません。
放射線科の知識、技術を活かせる職場を探しましょう。

また、気配りなども放射線科の看護師として重要になってきます。
例えば、健診機関では名無しでIDで読んだりします。
VIPになればそういった対応がより顕著になってくるのです。

つまり、ホスピタリティについて学んでいく必要があります。
看護師の仕事ではないかもしれませんが、接遇マナーがかなり重要になってくるのです。

当サイトランキングの転職サービスを活用すれば、
放射線科のスキルや知識を活かせる職場を探すことができます。
なかなか求人が少ない分野ではありますので、
間口を広げていろいろなところから情報を収集するようにしましょう。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ