小児科の看護師は年収が安いというわけではありませんが、
誰でもが希望する診療科目ではありません。小児科は
それだけ難しい科目でもあるのです。小児科の実情を踏まえて説明します。

小児科 看護師の年収相場ははたしていくらか?

小児科は医療分野において、看護業務が最も難しいと言われています。
採血1つにしても、小児は血管が細いため高度な技術が必要です。
また、病院での病棟勤務であっても、クリニックなどの外来勤務であっても、
親の対応という難しい面もあります。

つまり、小児科の看護師の仕事内容は、
全ての看護業務において高度な技術、スキルが必要になってくるのです。

その中で、小児科看護師の年収相場はどうかというと、一般の診療科目とほとんど変わりません。
仕事内容は難しいのに、給料は変わらないとなると、やはり年収が安いと感じてしまうのです。
病院の小児科は病棟で勤務する看護師は年収が450万程度、
外来やクリニックで勤務する看護師が350~400万といったところが年収相場となってきます。

小児科の看護師は年収が安いと思っている?

小児科看護師の年収相場に関しては、仕事内容と比較すると安いとなってくるわけですが、
小児科で勤務したい看護師は小児科のみで考えているケースが多いです。

しかし、看護技術が高度になってくるため、結局は保育士を目指すことにした看護師もいるくらいです。

看護師としては医療に携わるわけですが、学校などの医務室で働く看護師という選択もあります。
しかし、この働き方は年収面は安くなりますので、
仕事内容や勤務条件面で選択しているということになります。

他にも、小児科のクリニックなどで看護師の年収が安い理由は、
小児科のクリニックの収益性が悪いためです。


小児科のクリニックで患者様が並んでいる光景はよく見ると思いますが、
小児科では患者様1人に対する診察時間が成人の診察の3倍ほどかかると言われています。
結局、1日で診察できる患者様の数に限りがあるということなのです。

小児科の看護師が年収アップのためにすべきこと

小児科単科の職場よりも小児科を含んだ様々な科目があるところに転職することが望ましいです。
例えば外科や内科とセットになっているクリニックであれば、収益性も変わってきますので、
看護師の給与も高くなる可能性があります。

また、最寄駅から徒歩圏内のクリニックより、バスや自転車で通勤しないといけない方が
給与が高くなりがちです。看護師は通勤時間を希望条件に加えることも多く、
単純に志望者が少ないので、看護師の年収を高くするということですが。

当サイトランキングの転職サービスを活用すれば、
年収の高い小児科の職場を探すことができると思いますよ。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ