国立病院で看護師の年収がどのようになっているのか、疑問に思うことが
ありませんか。看護師の年収のしくみは病院であれば大体同じですが、
国立病院は若干違いますので、解説します。

国立病院は看護師の年収のしくみが複雑?

国立病院の看護師は、自分の年収がいくらくらいなのか、
もしくは民間の病院とどう違うのかがあまり分かっていないケースがあります。
基本的に、国立病院では経験加算が多いことと、賞与が高いことが特徴です。
また、夜勤手当や資格手当なども、経験加算があります。
つまり、民間の病院では基本給のみに経験加算がつくのが一般的ですが、
国立病院は他にも経験加算があるため、給与の上昇幅が大きいのです。

これは公務員特有のことですので、国立の大学病院などでも同じです。
一般的に言われるのが、20年くらい公立病院で勤務をすると、
夜勤も含めると年収600万程度になるようです。

民間病院で言うと師長クラスの年収ですが、役職なしの一般看護師の年収です。つまり、
長年国立病院で勤務をしていると、年収面で考えるととても転職できないということになります。

国立病院の看護師の年収は上昇率が高い?

国立病院の看護師の年収は20年経験すると、民間病院では師長クラスと記載しましたが、
最初から年収が高いわけではありません。逆に最初は民間病院の方が年収が高いのです。

さらに、仕事の内容でも国立病院では研修やレポートなど面倒くさいものが多くあります。
もっと看護の仕事がしたいと新人のうちは感じることも多いかもしれません。
そういった下積みの間は、手当類も安いのです。夜勤手当1つを取り上げても、
民間病院よりもかなり安くなっており、この夜勤手当も年々経験加算で上がっていきます。

我慢して勤務を続けていくと、どんどん給与が上昇していくのです。
ママさんナースになった時でも、退職せずに産休や育休制度を利用し復帰することで、
長い目で見ると良かったと思える日がくると思います。

国立病院 看護師が年収アップするためには?

他の求人サイトを見たり、情報を収集したりせずに、
長年国家公務員の待遇で国立病院の看護師として勤務することが最も年収アップに効果的です。

しかし、結婚による住む地域の変更などもあると思います。
旦那さんの理解度によって、看護師として正社員で勤務することが難しいケースもあります。
そういった時には国立病院の経験をプラスとして考えてくれる病院で勤務することが大切です。

当サイトランキングの転職サービスを活用すれば、
国立病院のキャリアを活かした転職先などを見つけることが出来ると思いますよ。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ