公務員は看護師の年収が安定していて、尚且つ高水準と思われています。
しかし、公務員の年収は算定が複雑です。
公務員の年収の仕組みを説明します。

公務員 看護師の年収相場はどれくらいなのか?

看護師の職場として病院が最も多くなりますが、単に病院といっても種類がありますよね。
その中でよく言われるのが、公立と民間です。公立というのが公務員ということになります。
一般の仕事は国家公務員や県や市の職員としての公務員が人気がありますが、看護師の職場
としての病院でも、安定という面では公務員は人気があります。

しかし、一般の仕事ほど、公務員を看護師が希望しないのが、公務員は初任給が安いためです。
看護師でいうと俸給と呼ばれる基本給のようなものも安いのですが、夜勤手当も安いです。
何より民間との違いは夜勤手当にも経験加算があることです。
そして、手当類でも経験によって変動するものが多く、10年以上勤務をすると
民間病院で働く看護師よりも給与が高くなるという傾向にあります。

もちろん、ボーナスは公務員であれば大幅なカットは少なく、水準も民間より高いケースが多いです。
看護師の最初の年収は400万前半で20年勤続すると年収600万近くになります。
この金額は民間で言うと師長クラスです。
どれだけ公務員として働く看護師の経験加算が多いか分かりますよね。

公務員の看護師が年収が高いと感じるのはどんな時?

やはり民間の病院に転職したときですよね。
面接時に人事の方から看護師の給与の内訳を聞くと唖然としてしまうのではないでしょうか。
公立の病院であればボーナスも年間4ヶ月以上が当たり前ですが、
民間の病院では4ヶ月が高い方になります。

公務員待遇の病院から民間の病院に転職する看護師は、
できるだけ経験が浅いうちがいいのは、こういった年収の部分もあるのです。
公務員待遇で20年間稼いだ上で、民間の病院で自分の希望する病院で勤務しよう、
と割り切れる看護師は大丈夫ですが、大抵の場合年収が100万下がるときついと言います。
看護師からすると当然ですよね。
その覚悟は転職活動を行う前の情報として知っている方がいいですね。

公務員で看護師が年収をアップさせる方法は?

公務員で看護師が年収アップするためには、やはり長く勤務することが一番です。
また、公立の病院では、院外の研修や認定資格なども重要視しますので、
チャンスがある時は看護師としての技術、スキルアップを考えていくと、給与アップにも繋がります。

当サイトランキングの転職サービスを活用すれば、
現状よりも年収を飛躍的にあげる手段を知ることができますよ。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ