保健師の年収はどうなっているのでしょうか?
保健師は看護師の上位の資格のようなイメージがあると思いますが、
それが年収に反映されているのかどうかを検証していきます。

保健師の年収は職場次第?

保健師は看護師の資格を取得した上で、さらに勉強して取得する資格です。
よって保健師の方が上位の資格ということになるのですが、
年収ではあまり優遇されているということはありません。

保健師の仕事は病院や企業などでの保健指導業務に携わることです。
検診機関でも必要とされており、特定検診を行っている機関でも需要があります。
しかし、採用人数が非常に少なく、保健師は各事業所に1~2名いればよいくらいの感じです。

ということで保健師の資格のみ持っている方は非常に多いのです。
つまり、看護師として普通に勤務していることが多いということです。
保健師が年収を求めて勤務する先としては、企業内での保健師が最も可能性が高いです。
病院などでは看護師の給料よりも少し高い設定になっていますが、
夜勤をしてなんぼという世界ですので、夜勤がない保健師は年収が看護師より
結果的に下がってしまうことが多いですね。

保健師は年収はあまり気にしていない?

保健師はあまり年収を気にしていない人が多い印象があります。
というのも保健師の仕事に憧れている保健師が多く、看護師ではなくて保健師として
勤務できるのであれば、給料は関係ないという考えになるようです。
また、ママさんナースなどの夜勤ができない保健師が希望することも多いため、
給料よりも勤務時間や休みの曜日などの方が重要なのです。

また、市役所などの公務員待遇で勤務できる職場もあり、
年収以外にも魅力的な部分の多い職場もあります。
保健師として働ける職業が少なく、また年収以上に必要なものがある人が希望していることが、
保健師の年収が高額でないことに繋がっているのです。

保健師が年収をあげるためにすべきことは

保健師が転職することで年収アップを望むのであれば、企業で勤務をすることが
最も良い選択だと思いますが、企業は採用基準が非常に高くなり、保健師としての経験も
問われます。よって、まずは保健指導に携わることが最も大切なことです。

年収が安いかもしれませんし、看護師の業務と併用である職場もありますが、
経験を積むためには我慢することも必要です。まずは保健師としてのキャリア構築を
真剣に考えることが大切です。

当サイトランキングの転職サービスを活用すれば、保健師の求人情報をたくさん得ることができます。
また、保健師としての働き方もいろいろと知ることができますよ。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ