ホスピス(緩和ケア)の看護師の年収は特別高いわけではありません。
しかし、希望者が多い科目でもあります。
どういった部分が魅力的なのかを説明していきます。

ホスピス(緩和ケア)は看護師の年収相場が一般的?

ホスピス(緩和ケア)は看護師の年収相場は普通の一般病棟と同じくらいです。
というのも、ホスピス(緩和ケア)というと専門的な分野ではありますが、病棟には違いないからです。
仕事内容に関しては、患者様やそのご家族との関わり方が違ってきたりしますので、
一般病棟よりも精神的にしんどい職場かもしれませんが、
看護師の仕事という意味では特別ということではないのです。

そして、ホスピス(緩和ケア)には施設基準があり、
それを満たすと診療報酬の加算がありますが、施設基準を満たしていない状態で、
院内での通称がホスピス(緩和ケア)病棟というケースもあります。

これは、ホスピス(緩和ケア)が需要が高くなっているということで、院内に必要ではあるが、
看護師の人数なども厳しい基準があるため、無理してホスピス(緩和ケア)としての
申請を出さないということです。

もちろん、
ホスピス(緩和ケア)の施設基準を満たしている病院のほうが看護師の年収は高くなります。

ホスピス(緩和ケア)の看護師は年収よりもやりがい?

ホスピス(緩和ケア)病棟では勤務形態は交替勤務ですし、
休日が多いわけでも残業時間が少ないわけでもありません。
年収でも上記で説明したとおり、一般病棟の看護師と比べて高いわけでもありません。
しかし、看護師に人気の高い職場となっており、看護師の募集をかけていない
ホスピス(緩和ケア)病棟も多いのです。
院内からもホスピス(緩和ケア)に異動したいという希望も多いようです。

このホスピス(緩和ケア)病棟の人気は、看護師になりたい、
と思った動機とリンクする部分が多いから、という理由が挙げられます。

本当の意味での患者様に寄り添った看護、ということで年収には変えがたいものがあるのです。

ホスピス(緩和ケア)で看護師の年収をあげるためにすべきことは

ホスピス(緩和ケア)病棟は常勤での雇用がほとんどで、
経験がものを言う部分が多いため、看護師としての経験をしっかりと積んだ上で、
ホスピス(緩和ケア)病棟に転職するのが望ましいです。

年収に関しても看護師としての経験を10年以上行ったうえで、
ホスピス(緩和ケア)で勤務した方が良いものになりやすいです。

看護師としての経験は病院だけでなく、施設もあった方が良いですね。

当サイトランキングの転職サービスを活用すれば、
ホスピス(緩和ケア)の現状を知ることができ、後悔しない転職ができますよ。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ