ドクターヘリの看護師は年収が安いということはありませんが、
救命救急センターがある病院で勤務をし、更に特殊な仕事を行っているという
仕事の内容と比較すると安いと感じるかもしれません。

ドクターヘリの看護師 年収と仕事内容

ドクターヘリの看護師は年収と仕事内容がどのように繋がっているのでしょうか?
まずはドクターヘリの看護師がどういった仕事になっているのかを説明したいと思います。

ドクターヘリの看護師は通称フライトナースと言われています。
独立した仕事というわけではなく、ドクターヘリを所有する救命救急センターで、
救命救急に携わる中で、ドクターヘリの要請があった場合に出動するという感じです。

基本的には応急処置が主な業務になりますが、
ドクターヘリが出動する場所は山地などが多く、
状況判断が非常に重要になってきます。
非常に難しい仕事と言えるでしょう。

年収で言うと大体400~500万くらいと、悪い年収ではありません。
しかし、一般の病棟勤務と比べてほとんど変わらない年収に
なっているため、仕事の内容からすると、年収が安く感じるかもしれません。


救命救急の分野で専門的な経験を
積んでいくことになりますので、経験によって手当も出ます。
よって、長年経験を積むと、それだけ年収がアップすることに
繋がりやすい職場とも言えます。

ドクターヘリの看護師 年収よりもやりがい

ドクターヘリの看護師は年収よりもやりがいで選択しているケースが多いです。
救命救急は比較的年収が高い職場ではありますが、
ドクターヘリがある病院ということは、その中でも最も救命救急に
力を入れている最先端の病院であるということが言えます。
つまり、相当忙しいということです。

普段は救命救急センターでの看護業務を行うことになりますが、
そちらでも次から次へと救急患者様が運ばれてくる環境ですので、
残業も多くなっていますし、休日出勤も多いです。
少々給料が良くても割に合わないと感じる看護師が多い職場だと思います。

しかし、救命救急センターは看護師の職場の中で花形であるとも言えます。
看護師になろうと思ったきっかけにもなりやすい職場ですね。
テレビのドラマの風景も救命救急センターが多いです。

看護師としてのスキルを向上させ、人助けをしたい、
最先端の医療に携わりたい、という看護師が多く希望し、在籍しています。

ドクターヘリの看護師 年収アップのためには

ドクターヘリの看護師が年収アップのためにすることは、まずは病院選びです。
ドクターヘリがある病院自体が少ないですが、
その中でも出動が多い病院とそうでない病院があります。
当然ながら出動が多い病院に就職した方が
年収がアップする可能性が高くなります。


そしてそういった出動が多い病院ですが、
山地が多い田舎などの方が多くなっています。
救急車が行くことができない場所、ドクターヘリの方が
確実に早く行くことが出来る場所などに出動しますので、
都心の中心部よりも、田舎の方が多いということになります。

そして、救命救急関係の資格などを積極的に取得することが大切です。
認定看護師などもありますし、救急救命士などの資格もあります。
看護師の資格があれば必要ない、という考えもありますが、
それだけ救急の勉強をしていることになりますので、
積極的に取得する方が良いですね。

他にも救命救急関係の勉強会なども多く開かれていますので、
積極的に参加するようにしましょう。

救命救急に携わっていく上では、常に勉強という姿勢が大切です。
プライベートがかなり犠牲になってしまっている看護師も多いはずです。
それだけの覚悟が必要な職場であると認識しておきましょう。

こういった職場を探すにあたって、当ランキングサイトを
活用すると、いろいろな情報を収集することができます。
最先端のドクターヘリの病院は、人材紹介会社からの紹介で
就職することは難しいと思います。

しかし、救命救急センターには病院の規模によっていろいろな役割があります。
そういった部分を説明してもらい、実際に自分に最も合っているのは
どういった環境なのかを考える機会になると思います。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ