看護師 6年目の年収は高年収を求めて仕事を選択しているか、
年収以外の部分を求めて仕事をしているかによって大きく異なってきます。
選択肢が増える分、自分の状況に最適な勤務先を選択することが大切です。

看護師 6年目の年収をいろいろな業種で比較してみる

看護師の6年目の年収は高年収を求めているかどうかによって大きく異なります。
看護師6年目ということは、年齢的には20代の後半の方が多く、
独身の方もいれば結婚されている方もいます。

もちろん、ママさんナースも多く存在します。
そういった中で、高年収を求める方もいれば、年収よりも
仕事内容や休日などの年収以外の条件面に比重をおく方も多くなってきます。

看護師の6年目では病院で勤務している看護師ばかりではなく、
クリニックや施設、企業など幅広い業種で看護師が勤務しています。
やはり、年収面だけを考えると、病院で交代勤務を行っている看護師が最も高くなります。
年収で言うと500万以上の病院が多いです。
施設でも交代勤務であれば450万以上というのも珍しくありません。

日勤のみで勤務することが多いクリニックや企業などは年収400万のラインの攻防になりますね。
高年収を目指すのであれば、やはり夜勤がある業種かどうか、
この点が大きいのが看護師と言えるでしょう。

しかし、6年目の看護師はプライベートとの兼ね合いがあり、
高年収を目指したいが夜勤ができない環境の方も多くいます。
プライベートとの兼ね合いでの年収について説明したいと思います。

看護師 6年目の年収はプライベートとの兼ね合いで決まる?

看護師の6年目は年収だけで職場を選択しないケースが多くなっています。
それは、プライベートの生活環境の変化に伴う転職が増えるためです。
生活環境の変化というのは、結婚や出産、地元に帰る、などであるため、どちらかというと
年収よりも生活の変化に対応しやすい職場を選択する傾向にあります。

よって、夜勤がない職場などを選択する看護師が増え、その結果年収は下がってしますのです。
もちろん、経験加算はありますので、ベース給は上がりますが、夜勤手当や残業手当などの
変動給の割合が高いため、夜勤がない職場、残業が少ない職場に転職すると、
年収はどうしても下がってしまうのです。

こういったプライベートとの兼ね合いではなく、年収にこだわった転職を行う場合であれば、
6年目の看護師は病院からすると即戦力であり、尚且つ後輩の指導、
管理職候補として重宝される人材です。

年収面に関しても、経験加算以上のものを提示してもらえる可能性が高くなります。

では、6年目の看護師が年収アップを勝ち取るために必要なことを説明します。

看護師 6年目の年収アップを勝ち取るためには

6年目の看護師が年収アップするためには、
今までの経験が活かせる夜勤がある職場を選択することが重要です。

できる限り専門的な分野が好ましいですね。

例えば脳神経外科や循環器科、消化器科など
今までに経験している科目をさらに追及するために転職する、となると病院側からすると
その向上心に対して期待し、年収アップにも繋がります。

自分自身の経験を活かせる専門病院の情報は、
当サイトランキングの転職サービスを活用することで、容易に得ることができますよ。

サイト内検索 powered by Google
看護師求人サイトランキング

1位 ナース人材バンク

ナース人材バンクさんは全国各地の看護師転職情報を網羅しているので、安心です。実績のある老舗サイトといえば、間違いなくこちらです。


2位 マイナビ看護師

マイナビ看護師も、全国の看護師求人を網羅しておりオススメです。転職お役立ちコンテンツも充実しており、ナース人材バンクだけでは不安な方は登録しておくと良いでしょう。

カテゴリー

看護師年収サイトTOP
基礎知識
勤務先別
診療科目別
勤務形態別
金額別
年齢別
経験年数別
地域別
病院別


管理人 管理人「カネ護師」

このページの先頭へ